タイは日本人に対してノービザでの入国を30日間まで認めています。

そのため、タイは日本人に人気の旅行先として長い間君臨しています。

 

しかし、その制度を悪用する人が多すぎたり近年の情勢悪化のため入国審査が厳しくなってきています。

タイのノービザ入国の基本知識

まず最初にタイにノービザで入国する基本的な知識を知っておきましょう。

タイ滞在日数は1回の滞在で30日間まで

タイのノービザでの滞在日数は1回の滞在で30日間までタイに滞在することができます。

それを超える滞在の場合はイミグレーションで手続きすればさらに30日延長の最大60日まで滞在可能になります。

ノービザ入国は原則観光目的のみ

ノービザ入国とは観光ビザの免除措置なので、タイ入国の目的は観光のみとなります。

しかし、そのあたりはけっこうあいまいで短期出張なのにノービザで入国している人もたくさんいます。

 

入国後24時間監視することは不可能なので、入国してしまえばなんでもできてしまうのが現実です。

 

ただしリスクがないとは言い切れないので、目的にあったビザを取得するのが最も安全な方法です。

ノービザ滞在は年間最大90日まで

ノービザ滞在が1回の入国で30日まで認められているタイですが、無制限というわけではありません。

タイでのノービザでの滞在は1年間に最大90日までという決まりがあります。

 

年間90日を超える場合は原則ビザの取得が義務付けられていますが、実際このルールも無視している人が多いです。

しかし年間90日を超えていることから入国拒否される可能性もあるので油断は禁物です。

タイへの入国が年々厳しくなってきている?

タイへの入国が年々厳しくなってきていることはタイに何度も行ったことがある人の中では常識となっています。

もちろん初めてタイ旅行に来た人などにはそんなことはないので安心してください。

タイ新しい入国カードが複雑になっている

以前のタイの入国カードには滞在日数を書く欄は存在しませんでしたが、2018年から新しくなった入国カードには滞在日数を書く項目が追加されています。

 

また入国の目的が以前は選択式でしたが、新たな入国カードではタイ入国目的は手書きになっています。

 

以前の入国カードを簡素化するために・・・と聞いていたのですが、逆に書く項目が増えて複雑になっているような気がします・・・

 

タイの入国審査でよくある質問

タイへの入国回数が多くなってくると入国審査でいろいろ質問さることがあります。

タイから帰る航空券は持っているか?

タイに入国してそのまま不法滞在者にならないためにタイに入国するときは帰国する航空券を持っている必要があります。

 

通常は提示は求められませんが、タイへの入国回数が多くなってくると帰りの航空券を持っている証拠(予約番号、チケット番号など)の提示を求められることがあります。

何の目的でタイに来ているのか?

タイに来る目的を聞かれることが多々あります。

これの返答は「遊び(ティアオ)」「彼女がいる(ミーフェン)」などと答えれば大丈夫ですが、怪しまれると別室で取り調べのようなことをされることがあります。

 

入国スタンプと同時「O-I」と書かれたら絶望

ネット検索するとよくでてくる「O-I」のマーク

これはOUT/INの略で、でてはいって・・・つまりビザラン認定という感じです。

 

ビザランは認められていない行為なので、次回のタイ入国から入国拒否の可能性が非常に高くなります

タイに入国拒否されたらどうなる?

気になるのが実際にタイで入国拒否されたらどうなるのか?

管理人自身タイに入国拒否されたことはないので、実体験はないのですが、実際に入国拒否された人の話を参考に書きます。

使用した航空会社負担で帰国便が手配される

タイに入国拒否された場合は、タイに来るときに使用した航空会社負担で帰りの便の手配がされるようです。

 

これはチェックイン作業時にしっかりチェックしなかった航空会社の責任でもあるという理由かららしいです。

空港の入国審査から先に進むことはできない

入国拒否なので当然ですが、入国審査場より先はタイとなるので入国審査場より先に進むことができません。

 

空港内に別室がある(まるで牢獄)ようで、その部屋で待機となり、食事などは職員が買ってきてくれるようです。

まるで囚人のようですね・・・

次回からノービザ入国はほぼ不可能になる

これも当然ですが、次回からのタイへのノービザ入国はほぼ不可能になるようです。

またビザの取得もいろいろと追加書類が要求されたりと通常よりも難しくなるようです。

ビジネスクラス利用で入国審査が緩くなる?

これは本サイト管理人が感じていることですが、ビジネスクラスを利用するとバンコクのスワンナプーム空港ではプレミアムレーンというVIP専用入国審査場を利用することができます。

 

 

お金持ちに優しいタイならではのサービスで、ビジネスクラスを利用するとプレミアムレーンチケットがもらえて利用できます。

 

以前一度別室審査を受けた管理人ですが、プレミアムレーンを利用するようになってから審査官もフレンドリーになり特に特別な質問もされないようになりました。

おすすめ記事⇒お得に飛行機ライフを満喫する方法 タダでANAやJALのビジネスクラス

 

スポンサードリンク