スターアライアンスの上級ステータスを永遠に受けることができるVIPの証であるスーパーフライヤーズのステータスは何回タイに行くととれるのでしょう?

スーパーフライヤーズになるには?

スーパーフライヤーズには申し込み資格というものがあり、ANAプラチナ会員以上のかたにこの申し込み資格がついてきます。

ANAマイレージクラブのプラチナステータスはスターアライアンスのゴールド会員の資格も同時についてくるので、まずはここを目指します。

 

 

その後、スターアライアンスゴールド会員の資格を持っている一年の間にスーパーフライヤーズに申込み、無事審査を通過すれば晴れてスーパーフライヤーズになることができます。

 

スーパーフライヤーズの主なVIPサービス

・ANAラウンジを含むスターアライアンスのラウンジの無料使用

・プレミアムエコノミーへの無料アップグレード

・優先座席指定

・優先搭乗

・優先チェックイン

 

ANAプラチナ会員、スターアライアンスゴールドになる条件

1月1日~12月31日までのANAプレミアムポイントが50,000ポイント以上になれば、スーパーフライヤーズへの申し込み資格があるANAプラチナ会員のステータスを獲得することができます。

また、プレミアムポイントはスターアライアンスであるタイ航空を使っても、獲得できますが、50,000ポイントのうち、ANA便でのプレミアムポイントが25,000ポイント必要なことに注意。

 

何回タイにいけばスーパーフライヤーズになれるのか?

検証はANAゴールドカードを持っている前提で行います。

ANAゴールドカードは海外旅行傷害保険などもついてきて、旅の強い味方なので、タイに行く方はぜひ作っておいてください。

 

ANA便エコノミーで検証

上記画像より、東京成田空港からバンコクスワンナプーム空港間の最も安い航空券の片道のプレミアムポイントは2,151ポイント

往復で4,302ポイント

つまりタイに年間12回行けばスーパーフライヤーズ申し込み資格があるANAプラチナステータスを獲得できます。

 

ANA便ビジネスクラスで検証

上記画像より、東京成田・羽田空港からバンコクスワンナプーム空港間のビジネスクラスの片道のプレミアムポイントは4,703ポイント

往復で9,406ポイント

つまりタイに年間6回行けばスーパーフライヤーズ申し込み資格があるANAプラチナステータスを獲得できることになります。

回数的にはすこし楽になりましたね。

 

ANA便プレミアムエコノミーで検証

最後に、プチ贅沢なANAプレミアムエコノミークラスでのプレミアムポイントは東京成田・羽田空港からバンコクスワンナプーム空港間で片道3,012ポイント

往復6,024ポイントとなります。

つまり、タイに年間9回行けばスーパーフライヤーズ申し込み資格があるANAプラチナステータスを獲得できることになります。

 

注意事項

スーパーフライヤーズへの申し込みは自己申告のため、ANAマイレージデスクに直接電話しなければなりません。

現在のところ、インターネットでの申込は受け付けていないようなので、必ずANAマイレージデスクに電話しましょう。

また、最も注意が必要なのはANAプレミアムポイントのANA運航便分という項目です。

 

まとめ

スーパーフライヤーズになるとANAラウンジの無料使用はもちろん、プレミアムエコノミーへの無料アップグレード、優先座席指定、優先搭乗、優先チェックインなどの様々なVIPサービスを永年に受けることができるため、タイによく行く人には間違いなくお得なサービスです。

 

海外旅行におすすめなANAダイナーズカード

管理人はダイナーズのANAゴールドカードを使用しています。

すこしでもはやくスーパーフライヤーズになるために持っていないかたは作っておきましょう。

 

スポンサードリンク