タイのパタヤには1,000円を切る格安ホテルから50,000円以上する超高級ホテルまでたくさんのホテルがあります。

管理人のような庶民が泊まる一般的な価格のホテルの価格帯毎の特徴をまとめてみました。

関連記事⇒エンジョイタイランドがおすすめするパタヤのホテル

パタヤの格安ホテルの特徴

1,000円~2,000円クラスのホテル

パタヤのこの価格帯のホテルは宿泊という目的に特化したホテルであり、満足な設備を求めるのであれば選ぶべきではないです。

逆に格安でタイのパタヤを楽しみたい方にはぴったりのホテルと言えます。

 

ホテルというよりは、サービスアパートメントやゲストハウスという宿泊施設が多いです。

でも、警備員がいあいことや管理人がほとんど不在のこともあるので、安全面にはすこし不安があります。

 

・主な設備

温水シャワー、個室

2,000円~4,000円クラスのホテル

タイのパタヤにはこの価格帯のホテルでも、フィットネスジムや簡単なレストランが併設されているホテルがたくさんあります。

警備員がいたり、フロントに常時スタッフがいるにも関わらずこの価格帯なので、連泊するにはうれしいリーズナブルな値段です。

高級志向でないのであればこのクラスのホテルで充分満足できるでしょう。

 

・主な設備、サービス

毎日の部屋クリーニング、フィットネスジム、レストラン

パタヤの中堅価格帯のホテルの特徴

4,000円~6,000円クラスのホテル

タイのパタヤに非常に多いのがこの価格帯のホテル

快適にタイ旅行を満喫できるホテルの目安はこの価格帯からでしょう。

日本では10,000円を超えるクラスのホテルの設備はタイのパタヤではこの価格帯で泊まることができます。

 

6,000円~8,000円クラスのホテル

この価格帯のホテルでサードロード近辺のホテルではベッドルームとリビングルームの2部屋の大型ルームに泊まることができます。

また、レストランも若干高めの値段に設定されていますが、味は失敗しないレベルです。

宿泊の快適さという面ではまったく文句のないホテルに泊まることができるでしょう。

 

パタヤのちょっと高いけどおすすめなホテル

8,000円~10,000円クラスのホテル

タイのパタヤでこの価格帯のホテルには夜景のきれなバーなどがあり、場所によってはルーフトップバーがあるホテルもあります。

また、このクラスのホテルにあるプールはこのクラスのホテル以下の価格帯のホテルのプールなどよりもワンランク上になります。

 

超高級ではないですが、かなりの高級感溢れる部屋に泊まることができます。

繁忙期であればこのクラスのホテルは20,000円以上の値段になります。

まとめ

タイのパタヤには1拍10,000円あれば非常に快適なタイ旅行を過ごすことができます。

あの有名なヒルトンホテルでも通常は1拍約20,000円で宿泊することができます。

繁忙期では通常50,000円以上するホテルも20,000円あたりで泊まれたりします。

 

また、3,000円クラス以上のホテルでも日本のビジネスホテルの倍以上の広さの部屋に泊まることもできたりします。

海外のホテルは高いというイメージはまったく当てはまらないのがタイのパタヤのすごいところです!

 

 

スポンサードリンク