パスポートを紛失したときの対処方法

タイなどの海外でパスポートを紛失した時はまずは日本へ無事帰国できる状態にすることを最優先にしましょう。

パスポート紛失時の対処方法は主に2種類あります。

 

帰国のための渡航書の発行

帰国のための渡航書とは、パスポート発行されるまでの時間を待ちたくないときや待てないときに使うもので、はやくて翌日に発行できるので、新規パスポートの発行を待つより確実にはやいです。

 

新規パスポートの発行

パスポートを新規で再発行することになり、期間的には約4日〜5日ほどかかります。

 

タイ旅行の時は帰国のための渡航証明書がおすすめ

タイ旅行でパスポートを紛失した場合、パスポートの再発行には約1週間かかり、費用も日本円にして約1万5,000円かかります。

帰国のための渡航証明書であれば費用は800バーツで、面接の上、最短で翌日には発行を行ってもらえます。

 

写真は持っていくこと

日本大使館内に証明写真撮影設備はないため、縦4.5cm 横3.5cmの証明写真2枚は忘れずに持っていきましょう。

仮に忘れた場合、バンコクの日本大使館の近くに証明写真を撮ってくれる店はありますが、若干高く時間もかかるので、事前に準備しておくことをおすすめします。

 

その他必要なもの

・免許証などの身分証明書

・帰りの旅券のわかるもの(航空券など)

 

帰国のための渡航証明書の注意点

帰国のための渡航証明書にはいくつかの注意点があるので、覚えておきましょう

 

トランジット以外での他国への入国はできません。

トランジット以外でのタイ、日本以外への入国には使えません。

あくまで一時的なものです。

 

日本に帰ってからパスポートの再発行が必要

日本に帰ってからパスポートの再発行を行いましょう。

パスポートの紛失の届け出を出した時点で仮に紛失したパスポートが見つかっても一切のパスポートの効力を失うので、注意しましょう。

 

その他主な日本大使館でできること

・各種証明書類取得

・在留届

・親族の簡単な居所確認

・在外選挙

 

タイ バンコクの在タイ日本大使館の情報

電話番号:

住所:

営業時間

月曜日~金曜日 8:30~16:00

土日定休日

在タイ日本大使館ホームページはこちら

 

まとめ

各国にある日本大使館は旅行者に何かあったときの助けになる場所ですが、管理人の経験からすると、パスポート紛失時などの事務的なこと以外はあまり役に立ちません。

例えば、ボッタクリにあったときや何かのトラブル時などは民事ということでまったく役に立ちませんし、相手にもされません。

タイは比較的旅行しやすい場所ですが、海外ということはしっかりと肝に銘じておきましょう。

 

スポンサードリンク