本サイトの管理人の友人であるS氏(日本人40代男性)がタイ人彼女と別れるために夜逃げを決行したエピソードを紹介します。

 

タイ人と付き合うのは簡単だが別れるのは超大変

日本人を含む外国人がタイ人と付き合うのは比較的簡単です。

最も簡単なのはお金を払う方法ですが、お金がなくても「外国人の彼氏がいる」というのはタイ人の女の子にとってひとつのステータスでもあるのです。

 

そしてそんな外国人の彼氏というステータスを手に入れたタイ人の女の子はなかなかあなた(ステータス)を離したくないのです。

ほとんどのタイ人の女の子が外国人と付き合ったことがある

もしあなたにタイ人の彼女や仲の良い女の子がいるのであれば「日本人や韓国人と付き合ったことはある?」と質問してみてください。

本サイトの管理人の経験上ほとんどのタイ人が「ある」と答えることでしょう。

 

タイ人彼女と別れるために夜逃げしたエピソード

ここからは本サイトの管理人の友人がタイ人の彼女となかなか別れることができなくて最終的に夜逃げを決行したエピソードを書いていきます。

 

人気No1のゴーゴー嬢と意外なほど簡単に付き合えた

本サイトの管理人の友人S氏(日本人40代男性)はパタヤにある〇ンセーションというウォーキングストリートで人気TOP3にはいるゴーゴーバーのNo1人気ゴーゴー嬢に一目ぼれしてしまい。

 

連日のようにそのゴーゴーバーに通ってなんと2週間と経たないうちにお金なしのお付き合いをすることになりました。

今までと変わらずお店で働き続けるタイ人の彼女

最初はタイ人の彼女ができて浮かれていたS氏でしたが、ゴーゴー嬢と付き合う際のあるある(参考記事⇒【保存板】タイのゴーゴー嬢と付き合う ゴーゴー嬢が彼女になるということ)に直面します。

 

付き合ったにもかかわらず今まで通りお店に出勤しているのです。

今回はお金の付き合いがないので、女の子も自分の生活費を稼ぐ必要があります。

 

なのでしょうがないことなのですが、日本人のS氏にとってはもちろん不満やストレスが貯まっていきます。

 

タイでゴーゴー嬢と付き合った時の我慢に耐えられない

タイのゴーゴー嬢と付き合い、その彼女がお店を辞めない場合仕事上ほかの男やその他多数のお客の相手をするということに我慢しなければならないという耐えがたい宿命が待っています。

 

そして日本人のS氏はその宿命に耐えられず別れを決意しました。

 

別れを切り出したが彼女に受け入れられず

S氏はその彼女に別れを切り出しました。

しかしここでもタイの彼女に別れを切り出したときのあるある(参考記事⇒タイ人彼女と別れるのは苦労する タイ人彼女に別れを切り出した時の返答や事例)に直面しなかなか別れを認めずに部屋からでていってくれませんでした。

 

さらにに束縛も厳しくなっていき、S氏はノイローゼ気味になってしまいました。

 

ついにタイ人の彼女と別れるために夜逃げを決意

ノイローゼ寸前のS氏はタイ人と別れるための最終手段「夜逃げ」を決意しました。

S氏は様々な人々のサポートを受け夜逃げの段取りを進めます。

 

契約しているコンドミニアムのオーナーとの話し合い逃げた後の住居必要なものの持ち出しの手配など一人で夜逃げを行うのは非常に困難なのが海外生活というものです。

 

タイ人の彼女と別れるために夜逃げ決行そして・・・

夜逃げ決行日、S氏のタイ人彼女は何も知らずに出勤します。

そして彼女が働いている6時間程が夜逃げ決行への猶予です。

 

結論を言うと、S氏はその日のうちに新たな住居へと引っ越しを成功させました。

もちろんLINEやFacebookなどのSNSもブロック済みなので相手からS氏に連絡をとる手段はありません。

 

タイの夜逃げで近場への引っ越しはNG

タイの夜逃げでよく使われるルートがあります。

夜逃げなので近くの場所に引っ越しても意味はないので、通常は別の市へと移動します。

タイの夜逃げでよく使われるルート

バンコク⇒パタヤ

バンコク⇒チョンブリ

パタヤ⇒バンコク

パタヤ⇒プーケット

パタヤ⇒チョンブリ

タイでトラブルで夜逃げした人の多くはタイにいる

本サイトの管理人は今までタイで夜逃げをした人を何人も見ています。

S氏のようにタイの彼女と別れるために夜逃げした人タイで不動産トラブルで夜逃げした人タイで違法営業などで罰金を払えずに夜逃げした人など・・・

 

そしてその人たちに共通しているのが夜逃げ後タイにいるということなのです。

普通の感覚であれば日本に逃げ帰ればいい気がするのですが、タイでトラブルを起こすような人はタイが大好きでタイにいるため、タイから離れたくはないようです。

まとめ

S氏は夜逃げを決行した後は、以前のように毎日のように夜遊びを楽しむようになりました。

女好きのS氏にとって夜遊びができないことが相当なストレスだったようです(笑)

 

ちなみにS氏はその後何度か元カノと遭遇しているようですが、危険な目にあっていないようです。

女関係のトラブルであっても命の危険がある可能性があるタイでは経験豊富な人のアドバイスの元夜逃げをした方が良いと思います。

 

スポンサードリンク