タイで銀行口座を作るには??

タイで銀行口座を作るには本来、労働許可証(ワークパミット)が必要です。

さらに住居の契約書も必要。

つまりタイで仕事している人は普通に作れるということ。

 

 

もしくは、リタイアメントビザを持っている方もタイで銀行口座を開設できるようですが、リタイアメントビザとはその名の通りリタイア組を対象にしたビザで、主に退職金をもらって老後は物価の安いタイでゴルフでもしてゆっくり過ごそう、という方のビザです。

マネーロンダリング防止のため、近年は労働許可証なしの銀行口座開設は非常に厳しくなっているようで、現役世代にとっては銀行口座を作るだけでも困難になってきています。

バンコク銀行のみは観光ビザでも面倒な手続きを踏めば口座開設可能

バンコクのシーロムエリアにあるバンコク銀行の本店は、手続きを踏めば口座開設は可能です。

手続きは、日本大使館に行って「自身のパスポートに偽りはないですよ」ということを証明する書類をもらってくればできるとのこと・・・

 

 

(※要手数料)でも、銀行に行ったり大使館に行ったりするのはけっこう面倒です(笑)

ちなみにこの方法で作った場合はネットバンキングに対応していない口座になるようです。つまり、現代では使い物にならない口座ということです。

パスポート(観光ビザ)のみで口座開設が可能な銀行は??

サイト管理人が知っている情報で上記のような面倒な手続きなしに、実際にパスポートのみで銀行口座開設の実績のあるタイの銀行は現在のところ・・・

・UOB(Thailand)銀行(Unitead Overseas Thailand Bank)

・クルンシーアユタヤ銀行(Krungsri Bank)

・カシコン銀行(Kasikorn Bank) ※パタヤのみ

・バンコク銀行(Bangkok Bank) ※パタヤのみ

各銀行の口座開設時の特徴

UOB銀行

いろいろ聞かれましたが、普通に作れました。

口座開設時に50,000THBのデポジットが必要でしたが、口座開設後引き出し可能でした。

シンガポール、インドネシアなどの近隣国で、デビットカードとしてではなく、キャッシュカードの扱いでATMでお金をおろすことができるようです。約1週間後、ネットバンキング対応です。

クルンシーアユタヤ銀行

デポジットも必要なしに作れました。

日本の三菱東京UFJ銀行の資本がはいっているということで、日本人にあまいのかも??

即日ネットバンキング対応です。

タイでの規模は大手の3行のカシコン銀行、バンコク銀行、SCB銀行の次のグループに位置するくらいの規模です。

カシコン銀行

タイ最大手の銀行で、使い勝手はカシコン銀行が一番です。

ただし、ワークパミットなしでは基本的に作れません。

口座開設には特別なルートや方法が必要なので、お問い合わせください。

 

 

正直、タイではこのカシコン銀行を持っていれば他の銀行は必要ないくらいです。もちろんネットバンキングも即日対応です。

本サイトのルートでは、パスポートのみでクレジットカードも作れます。

バンコク銀行

タイ最大手の銀行の一つです。

ただし、大手の割にはすこし使い勝手が悪いかもしれません。

ATMがよく故障しています(笑)

ネットバンキングは数日後から使えました。

※本サイトでは口座開設のサポートは行っておりません

本サイトではタイの銀行口座開設お手伝いのサポートなどは行っていません。

何か質問のある方はこちらのお問い合わせからご質問ください。

できるかぎりお答え致します⇒お問い合わせ(準備中)

 

スポンサードリンク