タイで最もボッタクリにあいやすいのはタクシー

海外旅行の心配事と言えばぼったくり。

タイのタクシーはすべてメーターがついていますが、長距離や別の県(バンコク⇒バンコク以外など)へ行く場合はメーター料金ではなく、運転手と交渉して固定の値段になることがあります。

 

 

また、バンコク内であってもタイ初心者とわかると値段を口頭で言って高額な料金を取ろうとする運転手もいるくらいです。

 

スワンナプーム空港の公共タクシーにもボッタクリはいる

スワンナプーム空港の公共タクシーは基本的にはメーターを使ってくれますが、旅行者とわかると高額な料金を提案してくることが最も多い場所とも言えます。

 

例えば、バンコク-パタヤ間の料金

タイーパタヤのタクシー料金は高くても1,500THBです。

しかし、タクシー運転手によっては1,800-高いときは2,000バーツを要求してくる悪いタクシードライバーもいます。

そんなことで交渉するの疲れますよね??

 

スワンナプーム空港の公共タクシー限定のボッタクリ防止策

タクシーのボッタクリ防止小技の紹介

これはスワンナプーム空港の公共タクシーでのみ使える小技です。

タクシーのレシートを2枚とる

そして、タクシーの近くまで行って運転手や車を見て判断する方法です。

 

 

 

 

これ違法でもルール違反でもなんでもないです。

ただし、人が多いときは係員がいるので一度タクシーを見にいってもう一度チケットを取りに行く必要かあります。

たった一手間かけるだけでボッタクられる確率がぐんと下がります。

 

タイの空港タクシーボッタクリタクシーの特徴

 

・運転手が明らかに悪そう

 

・車がボロボロ

・タクシーの車が改造車

スワンナプーム空港の公共タクシーを一撃で黙らせる裏技

「スワンナプームに電話する」

これ脅しでもOKです。

 

 

スワンナプーム空港にはいるタクシーは許可を得て空港内にはいっているので、ボッタクリや、近場でもメーターを使わない、違う場所に連れて行くなどのことが発覚した場合厳重注意、または空港内侵入の許可の取り消しなどの重いペナルティを受けるからです。

 

 

空港というのはタクシーにとって確実に客を捕まえることのできる稼ぎ場所。

ここを使用できないのは非常に困るわけです。

 

タクシー配車アプリUberはボッタクリ防止の便利アプリ

世界中で使えるタクシー配車アプリ「Uber」ですが、タイでも使えます。

Uberはアプリ内で距離などを測定し、アプリを使って料金計算を行うので、ボッタクリ不可能なタクシーを呼べることで安心なアプリです。

 

 

もともと料金は少し高めですが、普通のタクシーがボッタクリをするときももっと高いので、面倒なことを回避いする経費と思えばいいかもしれません。

 

 

タクシー配車アプリではタイでは「GrabTaxi」が人気ですが、こちらはタイ語ができないと非常に使い勝手の悪いアプリなので、旅行などの場合はUberをおすすめします。

 

まとめ

空港に電話するぞ!は脅しなので、失敗すると大きなリスクを負います。

あくまで奥の手ということは認識してください。

失敗しても海外は日本よりも自己責任が問われるものです。

 

 

日本人にとってタイは外国ということを忘れないでください。

安全性を考えると、Uberなどのタクシー配車アプリは便利かもしれないですね。

 
スポンサードリンク