タイは東南アジアでも有数の不動産投資スポット

タイの不動産は年々値上がりしているのは有名な話。

バンコクに限れば日本でもなかなかお目にかかれない高層ビルの景色を見ることができます。

また、タイは基本的に地震がない国なので自然災害にも強いです。

 

 

タイの土地

タイでは外国人は土地の購入ができない

タイでは基本的に私たち日本人を含む外国人は土地の購入ができません。

タイの土地が購入できるのは、タイ人、タイ国籍を持っている人、タイの法人です。

 

タイでタイ人以外がタイの土地を購入する方法

上記に書いた通り、タイで法人を作ればタイで土地を購入することができます。

ただし、タイの法人の株式の割合は最低限51%以上、タイ人でなければなりません。

信頼できるタイにある日本人が経営する会社と株を持ち合うなどしなければ、実質タイ人のものということですね。

 

タイのコンドミニアム

タイのコンドミニアムは外国人でも購入可能

タイでタイの不動産投資をするのはほとんどがコンドミニアムの部屋を買って転売または賃貸運用することだと思います。

タイのコンドミニアムはコンドミニアム法たるもので、全部屋のうち49%はタイ人以外の外国人でも購入できるようになっています。

タイで不動産投資するならタイのコンドミニアムが一番簡単な方法です。

タイのコンドミニアム投資で利益を得る方法

タイのコンドミニアム投資で最も利益の出る可能性が高いのは、プレセールで部屋を購入予約し、次のプレセールで転売、もしくは完成後転売するという方法です。

 

 

プレセールとは簡単に言うと、不動産のプロジェクトが完成する前、ものによってはまだ着工していない段階で部屋の購入予約をするという方法です。

プレセールはあまり日本ではなじみのない方法で、怪しい・・・と思う方もいるかもしれませんが、海外不動産投資では一般的な方法です。

 

 

また、タイで唯一の自然災害とも言える洪水もコンドミニアムであればまったくといっていいほど影響を受けないのでタイで不動産投資をするならコンドミニアムがおすすめです。

 

 

タイコンドミニアム投資 支払い例

プレセールでは段階的にお金を払っていくことになります。

予約金10万バーツ、初回、第二回、最終という具合です。

都度の支払う割合はコンドミニアムによりますが、完成していないのに最初から全額払うことはほぼないです。

 

タイのコンドミニアムのプレセール転売例

書き画像はタイのあるコンドミニアムのプレセールで購入し、第二回のプレセールで転売した時の値段表、プライスリストです。

左側が第一次プレセールのとき、一番ランクの低い部屋で、799,000バーツで売り出されています。

右側が第二次プレセールの値段表、一番ランクの低い部屋で、タイ人であれば1,199,000バーツ、外国人は1,399,000バーツと値上がりしています。

 

 

これがタイの不動産の魔法の錬金術。

各プレセールは1年ほどが多いので、約1年で40万バーツ(約120万円)~60万バーツ(約180万円)の不動産転売益を獲得できます。

若干の不動産短期転売税を払っても十分な利益がでます。

 

 

さらに、タイのコンドミニアムは何度かに分けての分割払いが多いので、購入資金の全額を払う前に転売してしまえば、非常に小さい元手で投資ができます。

タイの不動産、コンドミニアム市場は売出後、1日でその時の売出枠が予約待ちになってしまうほど盛況です。

 

 

ただし、万が一買い手がすぐにつかなかったときのリスクはあるので、やはり少ない元手での投資はリスクがありますね。

いかにはやく情報を手に入れることができるかが、重要です。

 

タイのコンドミニアム投資で騙された!?

タイには非常に多くのコンドミニアムがあります。

タイでコンドミニアムの建築許可を取るのは非常に複雑で時間がかかります。

実績のないディベロッパーや外国人ならなおさら難しいものとなります。

日本でも海外不動産に投資目的でお金を集める詐欺が今でも多発しているのが現実です。

 

 

また、建築の欠陥が発覚してタイ人が手放した部屋を日本人に売りつけるということも多々発生しています。

海外不動産に投資する前に必ず一度は現地に視察、話合いに行きデベロッパーや担当者に会いましょう。

 

 

タイのテナントビルなどにタイ人と共同出資

タイの不動産投資ではコンドミニアムよりも大きな利益が見込めるテナントビル運用もあります。

必要な資金は億単位になってしまいますが、コンドミニアムの転売などとは比べ物にならないほと大きな利益を生むことができます。

 

 

ちなみに、タイの富裕層の多くは不動産投資でや不動産関連の仕事がほとんどです。

ただし法律上、持ち分比率はタイ人オーナー:外国人=51:49となります。

あまり馴染みのないことかもしれませんが、バンコクのテナントビルは意外にもこの方法で運営されているテナントビルが多く、タイではお金持ち同士の親交の証でもあるようです。

 

 

もちろん何も知らずに手をだすとトラブルの元になるので、注意してください。

興味のある方はサービスメニュー⇒タイの不動産投資、購入(準備中)
からご連絡ください

アドバイスや管理人が知っている情報はお伝えします。

 

タイの不動産投資情報はこちらから

サービスメニュー⇒タイの不動産投資、購入(準備中)

 
スポンサードリンク