タイのクレジットカード作成のハードル

タイは基本的に「マイペンライ(気にしない)の精神の国」ということは非常に有名ですね。

ただし、ビジネスにかぎってはそれは一昔も二昔も前の話。

ダメなものはダメ!と平気で断られます。

 

 

タイに来たついでにタイの銀行の口座開設をしようとトライした方はご存知かもしれませんが、特に金融に関しては非常にシビアです。

タイの銀行口座を観光ビザで作るだけでもシビアなところにタイに住んでもいないのにクレジットカードを作成となるとさらにシビアになります。

 

 

タイのクレジットカードを作る最低基準

タイの銀行などでクレジットカードを作ろうとすると銀行口座作成時同様「タイで仕事をしているか?」をまず質問されます。

これに「No」と答えた時点で、タイの銀行窓口からの返事は「Sorry」です。

タイで仕事をしているのが、最低基準。仕事をしていれば当然、定住所もありますからね。

 

 

その後、勤続年数は最低1年間などいろいろな条件がでてきた上で初めてクレジットカード申込の審査の土俵に登れます。

あくまで審査の土俵に登れるだけなので、タイのクレジットカード審査に通るかは別です。

つまり、ノービザ、観光ビザでタイに入国している人は基本的にクレジットカード作成は不可能なのです。

 

タイのクレジットカード審査は厳しい?

タイのクレジットカードの審査は厳しいか緩いかで言うと審査自体はずばり緩いです。

日本の信用情報機関のCICなどはあくまで日本国内の情報なので、タイでのクレジットカードの審査には一切関係ありません。

ただし、クレジットカードの審査の土俵に上がるまでが外国人である私たちにとっては非常に厳しいハードルです。

ワークパミットを持っていてもなんだかんだ理由をつけてクレジットカードに申し込めないことも多々聞きます。

 

 

タイのクレジットカード作成のコツは人脈

実はタイの銀行は口座開設にしてもクレジットカード作成、ローンの申込に関して大きな権限が各銀行の支店の支店長に任されています。

つまり、タイの銀行の支店長とのコネクションがあればタイでの口座開設、クレジットカード、ローン申込までなんでもできてしまうのです。

クレジットカード作成サポートサービス

クレジットカード作成サポートサービスを希望の方は、

サービスメニュー⇒タイのクレジットカード作成サポート

からご連絡ください。

タイでのクレジットカード作成以外にも、タイでの車のローン、タイでのコンドミニアムなど買うときの住宅ローンまで対応可能です。

 

 

スポンサードリンク