面倒な毎回の海外旅行保険の申し込みを自動化

1年に何度も旅行に行く方にとって、毎回旅行方法をらかけていくとバカにならない金額になります。
また、海外旅行が多いとうっかり海外旅行保険の申し込みを忘れてしまったり、毎回申し込むのも面倒だと思います。
そんな方はこれから紹介する方法で旅行保険を格安、タダにしましょう
補償内容は毎回申し込む各社の保険会社の海外旅行保険の補償内容とほとんど変わりません。

超オススメクレジットカード付帯の保険なら保険代はタダ

特定のクレジットカードを持っている方はクレジットカードを持っているだけで保険に加入したことになるクレジットカード付帯型旅行保険があります。
保険代がタダ、0円です。ただし、特約などは別途料金が必要な可能性あり。

おすすめはアメリカン・エキスプレス

おすすめはアメリカンエクスプレスことアメックスのクレジットカードの附帯されている旅行保険
さすが外資だけあり、補償内容も充実していて対応もはやいです。
ちなみに航空券をアメックスカードで決済した場合、国内旅行でも補償の対象になります。
カードの年会費はノーマルクレジットカードで約10,000円、ゴールドカードで約30,000円かかりますが、海外旅行保険が自動で附帯されていることを考えれば間違いなくお得。
他にもアメックスのゴールドカードの場合、カードラウンジを無料で使えたりして、1年間1回以上海外に行く方にとっては間違いなくお得な必須カードです。
また、ANAブランドやJALブランドのカードを申し込んだ場合、カード申込マイルを獲得できるだけでなく、アメックスリワードポイントを1:1の割合で各社マイレージに交換できたりするので、どうせ持つなら航空会社と提携しているカードがおすすめです。

クレジットカード付帯旅行保険使用時の注意点

最も注意しなければならないことが、旅行時の航空券の代金を海外旅行保険付帯のクレジットカードで決済しないと、その旅行が補償対象にならないということです。
これを防ぐために航空会社発行のクレジットカードで旅行代金を払うことをおすすめします。

オススメ旅行保険付帯のクレジットカードTOP3

ANAアメリカンエクスプレスカード

通常のアメックスカード、ゴールドカード、プラチナカードまであります。
旅行保険の他にもラウンジサービス(※ゴールドカード以上)などアメックスならではの様々なサービスが付帯されています。
ANAブランドをつけたANAアメリカンエクスプレスカードの場合、ANAマイレージの貯まるスピードにびっくりするでしょう。
また、補償の内容についても上記注意点を考えると航空会社発行のANAアメリカンエクスプレスカードはおすすめです。

JALカード

日本の航空会社の2大巨塔ですね。ちなみにJALはワンワールド所属の航空会社。
ANAとJALは所属しているアライアンスが違うので、どちらを選ぶかは好みによります。正直そんなに大差ないです(笑)
カードブランドでのサービスはあまり変わりありませんが、おすすめブランドはやはりアメックス。
JAL的にはJCBブランドを押したいようですが、旅行で使うならおすすめはアメックス。
旅行時の保険の補償内容はANAアメックスゴールド同様充実してます。

楽天ゴールドカード

多くのラウンジが使用でき、プライオリティサーピスを受けることがてきるプライオリティパスに加入できる特典がついたカードてす。
楽天ポイントも貯まり、買物にも使えるので持っていて損はしないカードてす。
ただし、航空会社のブランドのクレジットカードではないので、マイルなど効率よくためることも考えるとやはりANAカードかJALカードをおすすめします。

 
スポンサードリンク