タイ旅行に行くときに必ず用意したもののうちの一つ海外旅行保険

タイ旅行に限らず、海外旅行に行くときに必ず用意したもののうちの一つ「海外旅行保険」

旅行先ではどんな時も、パスポート、携帯電話、現金、そして保険は必須です。

海外旅行時は、パスポートと保険証書と携帯電話、財布は常に持ち歩いておきましょう。

海外旅行保険を使う主なシチュエーション

旅行先での急な病気やケガ

旅行先で急な病気やケガで旅行先の病院に行かなければならなくなった時、海外だと自由診療扱いになるので平気でウン十万円の請求がきます。

そんな時に、保険にはいっておけば実費負担なしで診療を受けることができるので安心ですね!

ちなみにタイのバンコクホスピタルは日本語が通じやすく、海外旅行保険での治療にも慣れているので困ったときはバンコクホスピタルに行ってみてください。

バンコクホスピタル

電話番号:+662-310-3000
RCAの近くにあります。

バンコクホスピタルパタヤ

電話番号:+663-825-9999
パタヤのスクンビット通り沿いにあります。

旅行先のホテルでモノを壊してしまった!

旅行先のホテルや立ち寄ったお店でモノを壊してしまった時にも、ほとんどの海外旅行保険には個人賠償責任も保証してくれるようになっているのて、安心です!

旅行先ではついついお酒を飲みすぎたりしてハメを外してしまいがちですよね。(ただし明らかな過失があるときは対象にならないので注意)

スリや盗難、紛失にあった!宿泊先の火災でカバンが燃えた!

スリや紛失も対象です。

海外旅行保険には携行品保証という項目があります。

これは財布やカバン、パソコンなどを落としてしまった時や盗難にあったとき、ホテルの火事など、天災などで使えなくなってしまった時の保証のことです。

他人をケガさせてしまった!

階段からキャリーバックを落として他人をケガさせてしまった!というような場合も個人賠償責任保険の対象内となります。

旅行で先で弁護士に相談が必要な事態がおきた!

例えば、モノを壊してしまったときなどに海外では法外な請求を受けることがあります。

そんなときに現地の弁護士に相談などをしたときの費用も、海外旅行保険で支払可能です。

海外旅行保険の料金は??

保証内容や保険会社、保険をかける場所によりますが、タイに10日間旅行に行くとして、プランとしてはおすすめプランに位置するプランを選択して試算した場合、

空港などで出発直前に窓口などで海外旅行保険を申し込んだ場合は約8,000円くらいかかります。

インターネットから申し込むネット保険の場合、おおよそ約3,000円の保険もあります。

いずれにしろ出発する前にインターネットで海外旅行保険を申し込んだ方が料金を安く抑えることができます。

 

海外旅行保険の保険金の支払われやすいものと支払われにくいもの

保険金が支払われやすいもの

病気やケガなど、人間の身体に関する事態の場合は比較的保険金は支払われやすいです。

保険金が支払われにくいもの

カバン、財布、PCの盗難、ツボを割ってしまった、など「モノ」に関する場合は保険金の支払いを断られる場合が多いです。

海外旅行保険独自分析

過去、海外旅行保険を申し込んで実際に保険金がおりた会社

・ジェイアイ傷害火災
・エイチエス保険

事例として、宿泊先の火災による携行品の損害、財布の盗難、急な体調不良で病院に行った、キャリーバックを階段から落とした際に他人にケガをさせてしまった、という理由で海外旅行保険を申込しました。

過去、海外旅行保険に申し込んで支払いを断られた会社

・〇井〇〇海上
・A〇U保険

事例として、マッサージ店でツボを割ってしまった、カバンの盗難、という理由で申し込んだ際に、支払を断られました。

あまりに審査に時間がかかるからと、何度も保険会社に連絡をしていると、最終的には弁護士から通知が来るようです。

 

おすすめ海外旅行保険会社は?

過去の事例よりエイチエス保険の海外旅行保険がおすすめです。

エイチエス保険は、複雑な書類もなく保険請求時の対応も親切でした。さらに事故に関わる通訳費用まで保険の対象にしてくれるという親切さ。

ネット保険なので、値段も安く抑えることができるのでおすすめです。

 

スポンサードリンク