タイ旅行では安定した通信手段確保は最優先事項

タイ旅行では、安定した通信手段の確保がお金の次に大事なことです。

女の子とLINE交換するにも、BTSやMRTなどの交通手段について調べるにも、おいしいレストラン情報やナイトスポットを調

べるにも、通信できなければ話になりません。

もちろんスリや急病などの緊急時には電話がつながらないと命の危険も・・・

ということで、タイの通信手段について最低限の知識は持っておきましょう。

 

SIM派?レンタルWiFi派?

携帯端末に直接差し込むSIMカードを購入する方もいれば、日本の空港などでWiFiを借りていく方も多いと思います。

それぞれ、メリット・デメリットがあるので、自分にあった方を選びましょう。

 

SIMカード

SIMカードに向いている人

・携帯電話がSIMフリー端末である

・主に外で使用するのは携帯電話1台

・タイに1年に3回以上来ている

・ちょっとした携帯電話の設定ならできる

・タブレットやPCはホテルのフリーWiFiで十分

・お持ちの携帯電話が、他社端末でもデザリング可能

 

SIMカードの種類

タイには携帯電話の大手3社としてAIS、Truemove、dtacの3社があります。

AIS

AISは日本でいうNTTドコモであり、通信の安定性、通信エリアの広さはNo1です。

そのかわり、料金は若干高めです。

Truemove

Truemoveは日本でいうソフトバンクに近いです。

料金はAISより安いですが、エリアや通信の安定性は若干劣ります。

Dtac

dtacはなんと言っても安さはNo1です。

そのかわり、通信の安定性は若干困るくらい悪く、エリアの広さもすこし不便に感じるくらいかもしれません。

 

旅行用SIMカードの料金の目安

最もスタンダードなプランのSIMカード料金は、299THB(約1,000円程)

1週間1.5GBの通信量と100THB分の無料通話がついてきます。

スワンナプーム空港の到着ロビーに「Thailand’s Best 4G」というブースがあり、そこでSIMカードを購入することができます。

 

 

設定もしてくれるので、安心ですが、設定を頼む際は端末の言語設定を英語かタイ語に設定してあげてください。

チップは不要です。

 

次のタイ旅行のために料金をチャージ

次にタイにくるときにせっかく買ったSIMカードを捨てるのはもったいない。

タイの旅行者用SIMカードはプリペイド式になっているので、チャージすれば、次回のタイ旅行でも使用することができます。

 

 

チャージの方法は、セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニで携帯を差出、「チャージ」と言えばできますが、最も確実な方法は街の至る所にある各キャリアの店に行って専用端末でチャージするか、店員さんにチャージしたいと伝え、現金を渡せばチャージできます。

 

 

その時に、ついでにデータ通信のプランなども選んでおきましょう。

 

タイのSIMにチャージ時、日本発行のクレジットカードは使えない?

また、各キャリアごとに携帯電話用の専用アプリがあり、そこからもチャージ(日本のクレジットカードはほぼ使用不可、タイの銀行で発行したデビットカードなどは利用可)することができます。

ただし、日本からでは使用できませんが、日本でチャージしたいと思ったときはチャージ代行の会社を使えば日本のクレジットカードでもチャージすることができます。

【タイ旅行】タイのSIMカードを上手に使って海外データ通信料を節約

海外旅行用レンタルWiFiルーター

海外旅行用レンタルWiFiルーターに向いている人

・携帯を2台以上持っている人やタブレットなど、複数台の端末を所有していて、外出先でも使いたい

・面倒な設定をしたくない、またはわからない

・めったにタイ旅行に行かない

・初めてのタイ旅行の方

・初めての海外旅行の方

 

レンタルWiFiルーターの特徴

海外レンタルWiFiメリット

ポケットWiFiルーターの特徴としては、なんといっても、1台であなたが持っている携帯端末やタブレットなどの複数端末を使用できるということ。

また、SIMカードを購入する時と違い、チャージした料金切れで通信できないことやアクティベート、API設定などの複雑な設定が必要のないことです。

海外レンタルWiFiデメリット

デメリットは、電池の持ちと、データ通信量の制限です。

携帯電話側も、WiFIルーターも、SIMカードを使用する時と比べても、電池の消費量は大きいです。

また、同じAISでも、SIMカードの場合とWiFIルーターの場合では、WiFIルーターでAISを使用する場合の方が、通信の安定性やエリアの品質は劣ります。

 

レンタルWiFiルーターの料金

空港やネットで旅行前にWiFiルータの申し込みをすることができます。

料金は紛失時の保険や予備用バッテリー込で1日平均1,000円~1,500円ほど。

若干割高にはなりますが、設定などの手間や現地についてSIMカードを購入したがつながらない!というトラブルを考えれば安心をお金で買ったというふうに考えましょう。

 

主な海外旅行レンタルWiFiルーター業者

グローバルモバイル


速い!ストレスなし!最新の超高速 4G LTE対応!!【タイDATA】

グローバルモバイル⇒タイ最大手のAIS電波使用で、大容量通信が可能なおすすめ海外レンタルWiFi業者

グローバルWIFI

海外レンタルWiFi大手で、日本の主要空港のほとんどにブースがあり便利、在庫数もNo1で在庫切れも少ないです。

イモトのWiFi

成田・羽田・中部・関空・福岡・新千歳にブースがあり、グローバルWiFiで在庫がない場合に利用しています。

 

SIMカードを購入して設定しようとしたがどうしてもつながらない!という方のために・・・

タイではバンコクのMBKなどのショッピングモールの至る所に中古携帯を売っている場所があります。

そこで1万円程で携帯電話を購入できるので、タイ専用端末として持っていてもいいかもしれません。

まとめ

SIMカードにもレンタルWiFiにもそれぞれ特徴があるので、ご自身にあった方を選びましょう。

 

スポンサードリンク